Skip to content

リンパマッサージの資格ってとりやすい?

今大きな注目を集めている「代替医療」。その中でも、私が資格を取った「リンパマッサージ」は目にする機会も増えてきた影響か、ここ数年人気が高まっています。私の周りでもリンパマッサージ師やリンパドレナージュの資格取得を目指している人が結構います。

資格を取るためにはスクールがおすすめ!ただスクールといっても数が多すぎてどこに通えばいいか困りがち…なので私がスクール選びの際調べた情報をまとめてみました。是非参考にしてください!

リンパマッサージ師やリンパドレナージュの資格を取得するためには、専門のスクールに通うか通信講座にて試験を受けるかの2択です。ただ、他の資格と比べ入学試験のレベルがそこまで高くなく、学費が優遇されていることからスクールに通う方がほとんどのようです。
そこで「まずは気軽に資格取得したい」「プロとしてとことん知識技能を学びたい」「独立・開業を目指したい」「オリジナルの技術を習得したい」の4つの希望タイプに分け、私が思う人気でおすすめのリンパマッサージスクールを厳選してみました。各校の特徴や評判などは詳細ページにまとめてみたので、合わせて確認してみてください。

まずは気軽に
資格取得したい

いざ資格を取ろうとしても、私のように普段主婦をしている方であればスクールに通う時間もあると思いますが、中には普段働いていてその傍らでリンパマッサージの資格取得を検討している方もいると思います。そんな普段なかなか時間が取れない方向けに、私が気軽に通えると思ったスクールのみ厳選しておすすめスクールBest3として紹介していきます。
スクールの中には週1回3時間通うだけで、最短1ヶ月でリンパドレナージュの技術が身につくところや、フリータイム制で夜遅くまで開講しているところなど多種多様となっています。資格取得のためにはある程度継続してスクールへ通う必要があるため、学業や仕事など自身のライフプランに合ったスクール選びがおすすめです!


プロとしてとことん
知識技能を学びたい

せっかくスクールへ通うのであれば、貪欲にリンパマッサージの知識や技術を学び、プロのリンパマッサージ師としてデビューをしたいと考えている方も少なくないと思います。リンパマッサージに限らず、一般的にこういったサービスは、豊富かつ正しい知識に基づいて受け手側に満足してもらい、かつその効果を実感してもらうことが重要だと思います。そのためにはしっかりと個々人々スキルアップに向けた指導をしてくれるのは当然のこと、スクール卒業後の就職先までしっかり斡旋してくれるサポートがあると心強いと思います。
私が調べていて、スクール内での手厚いサポートはもちろんのこと、よりプロとしての華々しいデビューを検討している方にピッタリだったスクールのBest3になります。


独立・開業を
目指したい

スクールで学んだリンパマッサージの知識や技術を活かして、将来独立して自分の店舗を持ちたいと考えている方も少なくないでしょう。そんな方向けに、数あるスクールから私がここだったら独立しやすいだろうなと思う、より独立に向けた支援が強いスクールを厳選、Best3を紹介します。
独立・開業するにはしっかりとしたリンパマッサージに関しての知識やリンパドレナージュの技術を取得するのはもちろんのこと、店舗経営に向けた「広告戦略」や「接客方法」、「アシスタントの育成」など必須となってくる能力も多岐にわたるため、そういった開業支援に向けたノウハウ取得に力を入れてくれるスクール選びが重要です!


オリジナルの技術を
習得したい

リンパマッサージの技術と言っても、医療系であれば「リンパ浮腫セラピスト」や「リンパドレナージュ」、美容系であれば「リンパドレナージュインストラクター」や「リンパケアセラピスト」など様々あります。スクールによってはそこでしか取得できない資格があったり、力を入れている分野が違ったりするため、事前に取得したい資格ややりたいことなどを決めておき、スクールを選ぶことをおすすめします。そんな中でも、オリジナル性に特化したスクールはリンパマッサージにおける対応の幅が広がるのでおすすめです。
ここでは数あるスクールがある中でも、唯一「新リンパ療法」が学べるスクールや「リンパ浮腫」のケアに特化したスクールなど、他と比較した際私が魅力的に感じた、オリジナル性に秀でているスクールをピックアップしてみました。


よく読まれている記事

そうだ、リンパマッサージ師の資格を取ろう

ここまで4つのカテゴリーに分けて、ネット上の口コミを基に人気でおすすめのリンパマッサージスクールをご紹介してきましたが、目的に合ったスクールは見つかりましたでしょうか?資格取得を目指している方々の参考になっていれば幸いです。

私は現在主婦をしており、旦那と私の父母の4人で暮らしています。父母もだいぶ高齢になってきており、最近肩こりや腰痛がひどいと言ってあまり外出をしなくなってしまいました。旦那も外回りの仕事なので、毎日くたびれて帰ってきてはすぐに寝てしまうので見ていてつらい気持ちになります。私は週数回のパートと主婦業のみであり、時間に余裕があったため、家族のことを癒してあげるのに何かできることがないかと思ってネットサーフィンをしながら口コミを見つけたのが、当サイトで紹介している「リンパマッサージ」でした。

リンパマッサージは一般的なあん摩マッサージとは違って国家試験などを受ける必要はないんです。また、代替医療から派生しているリンパドレナージュというリンパマッサージの技法であれば、医療従事者でなくても受講でき、スクールに通うことや通信講座を受講することで比較的容易に資格取得ができるため、最近人気になってきているということを知りました。そこでリンパドレナージュの資格取得をしようと思ってリンパ療法に強いスクールを探し始めました。

いざスクールを探してみると、すごい数がヒットして、正直何がなんだかわからなかったです(笑)。また、一概にリンパマッサージと言ってもすごく多岐にわたっていて、調べれば調べるほど奥が深いということに驚きました。せっかくいろいろリンパマッサージやスクールについて調べたので、この情報が私と同じくリンパマッサージを勉強しようと思っている人の助けになれば嬉しいなと思ったのがこのサイトを作ったきっかけです。

今ではスクールでリンパマッサージ師の資格を取って、私のマッサージで家族みんな元気に過ごしています。スクールの口コミやおすすめ情報はすでに紹介したので、最後にリンパマッサージの種類や魅力などをご紹介したいと思います。

人気のリンパマッサージにはこんな魅力が…

今女性を中心にどんどん口コミで広がっているリンパマッサージ。日々の疲れを取ってリラックスさせてくれるだけでなく、むくみをとってくれたり、冷え性が改善したりと、体質を変えてくれる効果もあるため人気が出てきています。リンパマッサージとは基本的にリンパの流れに沿ってマッサージをおこない、リンパの動きを活発にするハンドマッサージのこと。リンパの動きがよくなることによって上述したような様々なプラスの効果が生まれるんです。

このリンパマッサージの一種で話題となっているのが「リンパドレナージュ」いう手法。これは代替医療の一種になるのですが、リンパマッサージとは少し違っていて、リンパマッサージがリンパ自体の動きをよくするのに対し、リンパドレナージュはリンパの動きが悪い原因を解決して、老廃物が排出されやすいようにしてくれるマッサージなんです。リンパドレナージュは健康をよくしてくれるだけでなく、美肌効果やエステ効果もあると口コミで話題となり、注目を集めているのです。

リンパマッサージ施術者に求められる能力って?

現状、リンパマッサージ、とりわけリンパドレナージュの手法は、医療・美容・介護など、多くの分野で用いられており、ネット上の口コミと併せてセルフケア方法までも数多くアップされているほど人気となっています。多くの種類があるリンパマッサージですが、効果をしっかり出したいと思ったら、正しい知識と正確な技術を取得することをおすすめします。
知識を持たない人が誤った方法でリンパマッサージを行うと、効果が出ないだけでなく逆効果になることもあるためです。

リンパドレナージュに興味をもち、技を習得して仕事に活かしたい方はもちろん、私のように自宅でのセルフケアや家族のケアのために、という方も、最初に基礎知識の修得が必要です。そのためには、見よう見まねではなく、スクールもしくは通信講座にて専門講座を受けて資格取得を目指すことをおすすめします。

リンパマッサージは、施術者と患者さんの一対一で行われます。手の平によるケアをするスキンシップの場は、心と心の触れ合いの場といった側面も持っています。施術の間、患者さんと世間話をすることもあるでしょうし、体質や健康上の問題に関して質問を受けるかもしれません。また、人生に関する相談だって受けることもあるかもしれません。

そのため、ケアをしながら患者さんの体質や状態をしっかりと理解した上で的確に質問に回答できるカウンセリング能力も施術者には求められます。むしろ、施術の技術はしっかり講座を受ければ身につくものなので、カウンセリング能力の方が重要かもしれません。
体そのもののケアに加えて、心のケアも同時に行うリンパマッサージ師は、「セラピスト」とも呼ばれることが多いです。

リンパマッサージ師になるには…

リンパマッサージの人気が高まっていくにつれて、ここ最近マッサージ店の数も増えてきました。リンパマッサージに興味を持つ人が増えたと同時に、自身でもマッサージ店を開業したいと思う人が増えたからでしょう。その背景には、リンパマッサージ師の資格が比較的取得しやすいということがあります。

あん摩マッサージ師になるには国家資格が必要であり、また競争率や費用だってだいぶかかってきます。それに対してリンパマッサージ師の資格を取得するには、当サイトで紹介しているようなスクールに通うか、通信講座を受けるかすればいいだけなんです!また、医療従事者でなくても受講が可能なため、私のように家族を癒す目的の方も、将来自身のお店を持とうと考えている方もより受験しやすい手軽さが魅力的なんですね。

資格取得後のヴィジョンは無限大

一度資格を取得してしまえば、やれることはホント多岐にわたります。

例えば更なるスキルアップと資格の取得。冒頭でも少し紹介しましたが、リンパマッサージ師と言っても幅広く、用途によって様々な資格があります。資格を大きく分けると「医療系」と「美容系」の2種類の資格があります。一番人気が高いものだと、当サイトでもちょこちょこ登場している「リンパドレナージュ」というリンパマッサージの手法。口コミでも、多くのスクールがあり、かつ手厚いサポートのおかげで取得もしやすいと評判がよくおすすめです。他にも医療系ではリンパ浮腫関連の資格が、美容系ではセラピスト関連の取得が人気のようで、こういった資格を数多く取得して、マッサージ師として極めていくのもいいでしょう。

また、取得した資格を現場で活かすのもおすすめです。いわゆる就職です。この手の資格は今医療業界をはじめ、介護や福祉施設などでも需要が高まっているため、働けるところはものすごく多いと思います。腰痛や肩こりで困っている方を助けることはもちろん、事故や病気の後遺症などで悩んでいる方のサポートをするのもおすすめです。

あとは私のように身近な人を癒してあげるのも1つの道だと思います。実は、リンパマッサージって自分自身にもできるので、資格を取得しておくと何かとお徳なんですよ!(笑)

 

とにもかくにも、資格取得後にやれることはものすごく多いです。ですが、仮にも「資格」なので独学にて取得することは難しいと思います。通信講座という手法もありますが、最近は夜遅く、フリータイムにてやっているリンパマッサージの専門スクールも増えてきたため、そちらへ通うことをおすすめします。人によると思いますが、仕事などしていると帰って通信講座を受けるのって億劫ですし、何かわからないことなどすぐ聞けたほうが便利ですからね!

なのでこのサイトでは私が通っていたスクールを含めて、各カテゴリ(目的)ごとに分けておすすめのスクールをピックアップ、それぞれランキング形式で紹介しています。スクールを探している時に見つけた口コミや評判、特徴などもまとめてあるのでぜひ参考にしてみてください!

リンパマッサージ師の資格取得に少し苦労はしましたが、今では家族みんな笑顔にすることが出来て、私は大変満足しています。このサイトがスクールを探している皆様の助けになることを祈っています。

リンパドレナージュの資格の種類はどんなものがある?

リンパドレナージュの資格の種類はどんなものがある?

脚のむくみや顔のむくみなど、むくみを気にしている人は多いのではないでしょうか?

特に女性の場合、冷え性でむくんでしまったり、ホルモンバランスの影響でむくんでしまう事もあります。
他にもリンパ浮腫によるむくみで悩んでいる人は日本にはたくさんいます。
そんな美容と医療面で効果を発揮する「リンパドレナージュ」
このリンパドレナージュは機械を使ってむくみを解消する方法になります。
このリンパドレナージュを扱うには資格が必要なのですが、どんな種類のものがあるのでしょうか。

 

美容と医療の2つの種類があります

一口にリンパドレナージュといっても、医療目的の使用と美容目的の使用の2つに分かれます。

〇医療目的
医療目的とは、主にリンパ浮腫患者に対しての治療に使用します。
リンパ浮腫とは乳がんや子宮がんに卵巣がん、前立腺がんなどがん治療に対し、リンパ管やリンパ節が傷ついてしまい、リンパの流れが滞ってしまう事で発症します。

術後すぐに症状が出る人も居れば、術後数年たってから発症するなど個人差が大きいのも特徴です。
軽度のリンパむくなら日常生活を送るうえでも問題は特になく、むしろ無症状の場合が多いのですが、重度の物はまるで象の足のように通常のあしの2倍近く腫れあがり、靴を履けないどころか歩行も困難で日常生活を送るうえで困難な状況になります。

こういった症状を緩和する方法の中に、リンパドレナージュというものがあるのです。

 

〇美容目的

一方美容目的のリンパドレナージュとは、エステサロンで使用されている事が多く、主に小顔効果を発揮し、身体のむくみや冷え性の緩和の為に使用されています。
リンパドレナージュは滞っているリンパ液を流すことを助ける働きがあります。

むくみや冷えが気になる人にはぴったりでしょう。
特に施術中も痛みがあるわけではなく、ただ当てている場所がふるえるような感覚なので、気軽にこのリンパドレナージュを試している女性も多いです。
またボディに当てることで肩こりや疲れをほぐし、生理痛の緩和や代謝の促進などたくさんのメリットがあります。

 

医療分野

そんなリンパドレナージュですが、まず医療分野から見てみましょう。

◆リンパドレナージセラピスト
リンパドレナージセラピストは日本医療リンパドレナージ協会が主催としている資格で、「初級講習会」や「中級講習会」を経て修了試験の合格者に与えられる資格です。
上級資格の場合、「医療リンパドレナージ上級セラピスト」という資格があり、それに関連する講習会も随時行われています。

 

◆リンパ浮腫セラピスト

2つ目はリンパ浮腫セラピストです。
リンパ浮腫セラピスト養成講習会が行っており、リンパセラピストに必要な講習会を受け、合格者には学校から認定証が授与されます。
リンパ浮腫患者さんに対するリンパマッサージを中心に学習していきます。

 

◆リンパ浮腫療法士
3つ目はリンパ浮腫療法士で、45時限以上、実技は90時限以上の研修を受けた後、試験に合格した人だけが与えられます。

 

◆経路リンパセラピスト

4つ目は経路リンパセラピストです。
東洋医学の経路や経穴をベースに、西洋医学のアロマやリンパドレナージュを融合させた代替医療ケアの事です。

 

美容関連

次に美容関連のリンパドレナージュを見てみましょう。

◆オリエンタルリンパドレナージュセラピスト
まず1つ目はオリエンタルリンパドレナージュセラピストです。
通常のリンパドレナージュに中医学の考えを取り入れた知識や技術を学びます。

「フルボディケア」

「小顔リフトアップケア」

「美脚ヒップアップケア」

の3種類です。

 

◆セルフドレナージインストラクター
2つ目はセルフドレナージインストラクターです。

セルフリンパドレナージの知識やスキルを専門家として指導できる能力を証明する資格が付いてきます。
上級になると「リンパドレナージスト」という資格が与えられます。

 

◆リンパリファインセラピスト
3つ目はリンパリファインセラピストです。
指定校のグローバルボディケア総合学院の通信講座を修了することで認定資格を得ることが出来ます。

 

◆リンパケアセラピスト

4つ目はリンパケアセラピストです。
キャリアカレッジジャパンの通信講座を終了後、在宅試験によって資格を取得する事ができます。
アロマ系のカリキュラムの含まれていることから、アロマセラピストの資格も同時に取得することが出来ます。

 

目的に合わせた資格を選びましょう

一口にリンパドレナージュと言っても医療系と美容系でこんなにもたくさんの種類の資格があります。
美容系でも体の構造や東洋医学を取り入れた様々な施術をしっかりと学びます。
医療系では薬の副作用やがんの治療の副作用でむくんで辛い患者さんに少しでも楽になって貰えるよう様々な医療知識と施術に関する技術をしっかり学んでいきます。

特に医療系のリンパドレナージュの資格は、今とてもニーズも高く就職先も幅広くなっています。
リンパ液の滞りは、冷え性や肩こりに手足のむくみなど様々な不調へつながります。
そんな症状を緩和するための資格がリンパドレナージュです。
初心者でもしっかりと知識や技術を習得すれば、だれでも簡単に扱うことが出来ます。