Skip to content

リンパマッサージのスクール通いを継続させるコツ

リンパマッサージのスクール通いを継続させるコツ

美容と健康のためにリンパマッサージの資格を取得する人が増えている中、以前よりも美容や健康に関するスクールが増えています

特に最近では育児休暇中の人が隙間時間を狙って自宅で勉強したいという人が増えているため、自宅で通信教育という形で勉強をしている人も増えています。

 

さまざまなスタイルで学習方法を選べる今、ひそかに深刻となっているのが通学をしている人の勉強離れです。

高校や大学でも勉強についていけない、学校の雰囲気が自分には合わないという事がきっかけで学校をやめてしまうという人がいます。

それと同じ現象がリンパマッサージのスクールでも起こっています。

優秀な人材を確保したいスクールと、こんなはずでは無かったという生徒の考えの違いがこのような結果を招くこともあります。
では、リンパマッサージのスクール通いを継続させるためにはどんなコツがあるのでしょうか?

 

その学校は自分に合っていますか?

こんな質問をされた時、あなたは自信を持って答えることが出来ますか?

答えに戸惑ってしまった人は、自分に合っていない学校を選んでしまった可能性もあります。

その結果、勉強を進めていくうちに入学当初の学習意欲がどんどん薄れて行ってしまい、結果退学という残念な結果を招いてしまいます。

よほど先生が気に入らない精神的苦痛を与えるのであれば、致し方ないのですが、ただ自分に合わないというだけの理由なら、折角お金をかけて学校へ通うのに、退学は勿体ないですね

 

〇スクール通いを継続させることが出来るのか

では、どうすればスクール通いを継続させることが出来るのか。

 

◆1つ目のポイントは自分にあった学校を選ぶことです。

自分に合った学校を選ばないと、授業を聞いていても付いていくことが出来ない、学校の雰囲気にも馴染むことが出来ず学校そのものに来ることが苦痛に感じてしまいます。

その結果、学校を去るという選択をしてしまうのです。
自分に合った学校選びは、学校の見学や資料請求によって調べることが出来ます。
特に夏休み中は学校説明会や見学会を頻繁に行っている学校もあるので、実際に学校へ行くことでその学校の雰囲気や授業内容を知ることが出来、学校選びも失敗しないでしょう。

 

◆2つ目はきちんとした目標を持って学校へ通う事です。

大学生で進学を選んだ理由として、就職をしたくなかったからと答える人は全体の数人は必ずいます。
これでは高い目標意識を持ってその学校へ入学したわけではないため、授業もだらだら聞いているだけで身に入ることは少ないです。

きちんと学校へ通うためにも、自分はこの学校へ何をするために入るのか、将来どうしたいのかという考えを明確に持っているといいでしょう。

 

◆3つ目は悩みや不安を周りに相談できる環境を作ることです。

退学をする学生の中でも、周りに相談が出来る人がおらず一人で悩んだ結果退学という選択をしてしまう人も居ます。
特にリンパセラピストなど医療に関する仕事や人と関わるような仕事に就く場合、対人関係や授業内容が難しく落ち込んでしまう人も居ます。

しかし、リンパマッサージのスクールには、同じ夢や目標を持った仲間がたくさんいます。
分からない事や不安な事は周囲に話をすれば理解が出来る場合もあり、同じ夢を持っている同士励まし合う事も出来ます。
友人に話せない場合は先生に相談をして問題解決に導いてくれることもあります。

悩んでいたり不安なことは一人で抱え込まずに周りに相談できる環境を整えるようにしましょう。

 

◆4つ目は授業料を自分で払ってみるという事です。

どういう事かと言うと、誰かに払ってもらっているとなると学校を辞めてもだらけても自分が払っているわけではないため、気にしないという生徒がいます。
自分で払うとなるとお金がもったいないなく、真剣に話を聞いて資格取得に必死に勉強をするようになる人もいます。

 

目標を持ち自分にあった学校を見つける事が継続させるポイント

ここまでさまざまな学校を継続させるポイントを目にしてきましたが、

一番効果があるのは自分に合った学校を選びきちんと目標をもって学校へ通う事です。
学校が自分に合わなければ通うのも嫌になってしまうものです。

インターネットで資料請求をしたり、学校見学会へ積極的に参加をする、1校だけではなく何校もしっかりと見てからどの学校が良いのか見当をするなど、自分が本当に将来やりたいと思っている事を学ぶことが出来る学校なのか、自分で見極めて納得が行くところをさがすようにしましょう。

 

〇きちんと目標を立てること

そしてきちんと目標を立てることです。
綿密な計画を立てるのではなく、私は将来こうなりたい。
こんな仕事をやってみたいという考えをきちんと持つことで学校へ通うのも必然と楽しくなる事もあります。
まだ学校選びに迷っている、どの学校が良くて自分は将来どんなことをしたいのか
そういう人は資料請求や学校見学へ積極的に参加をし、自分が納得のいく学校を決めましょう