Skip to content

リンパマッサージを仕事にした場合の年収はどれくらい?

リンパマッサージを仕事にした場合の年収はどれくらい?身体の浮腫みや手足の冷え、肩こりや腰痛など血流やリンパの流れが悪くなる事でさまざまな不調が現れます。
セルフマッサージを行う事でこの症状を解消することができ、いつでもどこでも手軽に行うことが出来ます。
しかし、自分でリンパマッサージを行っていると、背中や肩甲骨など手が届きにくい所も出てきます。
そこで男性も女性も一度は経験をしたことがあるという人が多い、サロンでの施術です。
最近人気のあるコースは、アロマオイルを使用したハンドマッサージで、症状によって一人一人に合ったオイルをブレンドしてくれるため、香りに癒されながらマッサージを楽しめます。
このマッサージを行うのが、リンパセラピストという方で、リンパセラピストとは身体の構造から食事や生活面でのアドバイスなど様々な事を学んだスペシャリストです。
このリンパセラピストには、美容関連で活躍する方も居れば、リンパ浮腫という症状の患者さんに対して行うリンパセラピストという方まで幅広く存在します。
このリンパセラピスト、毎日たくさんの方のマッサージをするという事もあって肉体労働になります。
そんな大変な仕事をしているリンパマッサージのお仕事、果たして年収はどれくらいなのでしょうか?

意外と知られていないリンパセラピストの年収とは

リンパマッサージを行う人は、年収についてどんなイメージがあるのでしょうか。
医療現場の場合、仕事量も責任も大きく過酷なためそれに見合った給料が支給されている事が多いです。
リンパマッサージも40分から最大90分もマッサージを行うので、決して楽な仕事とは言えません。

大まかに「エステサロンで働いている人は給料が高そう」というイメージを持っている人が実は意外にも多いのです。
特に大手のサロンにもなれば名前を聞いただけで給料をたくさんもらっていると思われてしまう事もあります。
では、本当にリンパマッサージを行っている人はたくさんお金をいただいているのでしょうか?

〇リンパセラピストの働き方は十人十色

リンパセラピストは、資格を取ると勤務先はエステだけではなく、リラクゼーションにヒーリングサロン、フィットネスジムに接骨院など意外にも勤務先は幅広いのです。
大手から個人までお店も様々で、雇用形態も正社員だけではなく契約社員に準社員、パートやアルバイトまで一口にリンパセラピストと言っても働き方は十人十色です。

 

〇雇用形態によって変わってくる

そしてこの雇用形態によってお給料は変わっていきます。
正社員の月収は、全国でみると20万円から50万円で、人口が多い首都圏で比較しますと正社員の場合平均年収は300万円弱なのです。
こうしてみると肉体労働のわりに給料に格差があります。

この50万円というのも、マッサージを行う人の中には完全出来高制で貰っている人も居る為、施術をするお客さんが多ければ多いほどこのような給料になっても不思議ではありません。
たまに正社員の求人広告の中で未経験者や学生でもOK、研修期間ありと書かれている場合は月収が18万前後。
研修期間中の給料も能力によっての金額なので実際はもっと手取りが少ない場合もあります。

そのため最近の大手サロンでは給料に歩合制やインセンティブを取り入れたり、指定手数料を加算するサロンが多くなってきており、セラピストさんの給料が見直されているサロンもあります。

また、セラピストさんの腕も確かに重要ですが、どうやってお客さんの心を掴んでサロンのリピーターになってもらうかも重要なポイントです。
サロンそのものの売り上げも悪く経営状況が悪いと当然ですが与えられる給料は少なくなってしまいます。

サロン側でスタッフに売り上げへの貢献を求めるサロンもありますが、代表的なものは業務委託で、この場合純粋に成果を重んじられてしまう為、固定給ではありません。

一方でパートやアルバイトでは、マッサージの経験者の場合は時給1,000円ほどになります。
1日数時間以上、または週に何回OKな人とサロンによって条件は異なりますが、主に主婦層のセラピストさんからパートやアルバイトは人気です。
未経験者となると研修期間中の時給は800円前後になりますが、研修期間が修了すると徐々に増えていきます。

 

勤務先や雇用形態によって金額は異なります

肉体労働の割には意外とお給料が少ないと思った方もいるでしょう。
医療現場の場合は月の給料が決まってるので変動することはあまりないのですが、各サロンで働くセラピストさんは歩合制やインセンティブなど条件もそれぞれサロンによって異なるので、セラピストさんによって給料の幅が変わってきてしまいます。

サロンでは固定給が決まっており、その上に自分の成績ごとの金額が加算されますが、この固定給がサロンによっても変わります。
求人広告を確認する際はこういった給料に関して詳細に記載されているサロンは優良サロンなので、仕事先選びがその後の給料に影響すると言っても過言ではないでしょう。