Skip to content

リンパドレナージュ関連の求人はどんなものがある?

リンパドレナージュ関連の求人はどんなものがある?美容や健康に興味がある

人と関わる仕事や人の役に立つような仕事がしたい

そんな人はリンパドレージュを行う仕事はいかがでしょうか?

リンパドレナージュは日本ではリンパマッサージというほうに馴染みがありますが、全身にはリンパ管が網目のように張り巡らされています。
このリンパ管の中にはリンパ液というものが流れており、リンパ液は体に不要になった老廃物や疲労物質、余分な水分の排出を促します。
このリンパ管を流れるリンパには流れというものがあり、リンパドレナージュはこのリンパの流れに沿ってマッサージをします。

ではリンパドレナージュを扱うにはどんな学校へ出て、どういった求人があるのか見てみましょう。

資格取得から就職までの流れ

〇リンパセラピストの資格を取る必要がある

リンパドレナージュに関する仕事をする場合、専門学校や通信教育でリンパセラピストの資格を取る必要があります。
スクールや通信教育では、まずリンパマッサージとは何かという基礎知識を学び、全身のリンパ管やリンパ節の場所、リンパの流れなど写真やイラストを使ってしっかり学んでいきます。

リンパドレナージュはこのリンパの流れに沿ってマッサージをすることで、体に溜まった老廃物の排出を促し、浮腫みや肩や腰のコリをほぐす、免疫力の工場など沢山のいいことがあります。
逆方向にマッサージをしたり、痛みを伴うマッサージは交感神経が昂ったり、老廃物の排出が出来ません。

皮膚のすぐ下にはリンパ管があるため、このリンパ管を潰さないためにも皮膚表面をさするような圧で十分です。
スクールへ通っている際は生徒同士でマッサージの練習を行います。
こうして知識と技術を身に付け、試験に合格した人がリンパドレナージュを人に行うことが出来るようになります。

 

〇美容や健康関連の就職先になる

リンパドレナージュの資格を取得すると、どういった所へ就職が可能か。
まずこの資格は医師や看護師のような国家資格ではないので、医療機関の募集はほとんどなく、美容や健康関連の就職先になってしまいます。
エステサロンやリラクゼーションサロン、整体やスパ施設といったリラクゼーションサロンが中心となります。

最近ではこのリンパドレナージュの効果が広く知られるようになっており、マッサージをして貰うためにこれらの施設を訪れるお客さんも増えています。
民間療法ではありますが、継続的にマッサージを行う事で浮腫みを中心に様々な体の不調を改善することが出来ます。

就職先ではお客さんへマッサージをしたり店舗内の不足なものを発注、お客さんにパンフレットを配布したりなどお店のアピールもセラピストの役割です。

 

〇給料

リンパセラピストとしての給料は正社員の場合は20万から50万円です。
この金額の差は店舗にもよりますが、固定給の上にインセンティブなど成績ごとに金額が変わります。
指名してくれるお客さんが多ければ多いほどお給料が良くなるため、給料に差が出てしまう事もあります。
また、就職する店舗にもよります。

完全出来高制という制度を取り入れている店舗もあれば、固定給の上にインセンティブを取り入れている店舗もあります。
就職をする上で大切なのは就職先です。
店舗の中には個人経営で怪しいお店もあります。
こういった店舗はお給料が安いどころかお客さんとのトラブルも多い場合があるので、就職先選びも慎重に行いましょう。

大手サロンの場合、給料体制も勤務態勢もきちんと整っており、働きやすいでしょう。
また正社員だけではなくアルバイトやパートといった雇用形態もあり、子育て中の方でも働きやすいことから主婦層に人気です。
勤務先によって雇用形態の種類も異なるので、どういった雇用形態で働きたいのか、就職するときには求人票をチェックしましょう。

 

就職先の種類も雇用形態も様々です

◆資格は誰でも取得できる

リンパドレナージュの資格は、どんな人でも興味が有れば取得をすることが出来ます。
1級はサロンや整体で働く際に必要な級です。
2級はホームケアをしたい人がこの2級を取得しますが家族以外の第三者、つまりお客さんに施術するレベルではありません。
また1級を受けるには必ず2級を合格している必要があります。

 

◆就職先・雇用形態も様々

就職先もエステや整体にリフレクソロジーなど美容や健康に関するお店で働けます。
雇用形態も正社員に契約社員、パートやアルバイトなど様々です。
アルバイトやパートなら子育てで忙しい人でも働きやすく続けやすい環境が整っています。
給料には差がありますが、努力次第でアップする事は誰でもできます。

 

美容や健康に興味があり、将来美容や健康に関する仕事をしたい、人と関わる事が好きだという人、自分のペースで働きたいという人にはリンパセラピストはぴったりです。
求人は、スクールに直接届いたり、インターネットでセラピストの求人を確認したり、地元の求人広告をみて応募などたくさんあります。

需要が高まっている今、リンパセラピストは就職先も豊富で働きやすい環境が整っています。