Skip to content

リンパマッサージの痛みの原因とは?

リンパマッサージの痛みの原因とは?

ナイスバディを目指すのであればリンパマッサージは最適な解決方法であり、セルライトを予防するにも良い手段です。
スクールでは正しいリンパマッサージの方法を学ぶことができますが、施術を施したり受けたりすると痛みを感じることがあります。
痛みを感じるのは施術の際に力を入れ過ぎということもありますが、多くの場合はセルライトや不要なものが溜まりすぎているためなので、回数を重ねてリンパの流れが良くなると、強い痛みは感じなくなっていくので心配無用です。

 

老廃物が流れにくくなっていると痛みが強めに

自分がモデルになって相手から受けたり、逆にほかの生徒に施したりするのが、スクールで基本から学ぶことのできるリンパマッサージです。
リンパマッサージをすると痛みを感じることがありますが、痛みを招く原因にはいくつか考えられることがあります。
スクールではあらゆるマッサージを学べる時間ですから、皮膚の浅い場所のマッサージをすることもあれば、深い場所へのマッサージをするケースもあり、痛みが感じやすいのが深部のほうです。
リンパは全身に張り巡らされていて皮膚から浅い部分にもあれば深い部分にもあり、リンパマッサージを施すにしても、深部のマッサージはどうしても痛いと感じやすくなります。
順調なリンパの流れは体内の汚れをするすると流して、身体の外へと出してしまおうと働いてくれますが、リンパが滞ると汚いものが出ていきにくいです。
スムーズに流れないリンパ液はそのまま滞りますので、詰まりやすくなりますし、老廃物が残りやすくなります。
この状態でのリンパマッサージはかなり痛みを感じやすくなるので、日ごろから巡りの良くない自覚のある人などは、最初のうちはリンパマッサージが激痛に感じることもしばしばです。
しかしリンパマッサージを定期的に施すことで、リンパの流れは順調に変わるようになれば、痛みを強く感じることもなくなります。

 

皮膚の状態も健康なのを確認しての施術

深い専門知識と実践で学ぶことができるのが、スクールでプロの講師から学べるリンパマッサージであり、技術を取得したら自分にもできますが人にも施すことができます。
リンパマッサージをするにあたり痛みを感じることがありますが、痛い原因にはいくつかの理由が考えられ、それは筋肉のことや肌に関わることかもしれません。
肌に直接触れて思い切りマッサージを施すリンパマッサージは、健康な肉体と肌を持つ人を対象に行う施術です。
身体のむくみが気になるとか、ボディを引き締めたい痩身目的であったり、これらは美容を大きな目的としています。
見た目的なことを改善したい悩みはあるものの、健康状態は良好なことが前提ですし、マッサージを受けるときには肉体も肌も健やかな状態です。
ですが筋肉や肌に何か問題があった場合、素手で肌に触れて思い切りマッサージを施す行為は、思いのほか肌に負担をかけることがあります。
例えば肌の状態があまりよくないケースでは日焼けをしている場合がありますが、日焼け直後の肌にリンパマッサージは、日焼け肌に大きなダメージを加えますし痛みが強いです。
肌荒れ気味で皮膚に湿疹ができている状態で無理にリンパマッサージをすれば、やはり皮膚にはいつも以上に痛みを感じます。
巡りをよくしてキレイになるサポートになるリンパマッサージですが、肌や筋肉も健康な状態でするのが条件です。

 

知識や技術不足にオイルが足りないことも

専門スクールで学ぶことで正しいリンパマッサージの手技を伝授することができますが、痛みの原因になることとして知識と技術不足も考えられることです。
まずプロ養成のスクールや本格的なスクールでは、技術不足を出すような指導は行ってはいません。
そのうえでもしも痛みが強いのが技術不足だとしたら、再度リンパマッサージを基礎から学ばなければならないです。
マッサージの技術はスクールで基礎を学んでから、サロンデビューをして経験でも学ぶものですが、経験値が浅いばかりに痛みばかりが強い施術をしてしまうことも考えられます。
プロとしてやっていくのであれば会員がコンスタントに回る、回転の良いサロンでたくさんのお客さんのリンパマッサージを担当させてもらうことです。
ツボ押しのような痛みの強い刺激を加えるのが、リンパマッサージの方法ではありませんので、痛みの原因が施術者の理解不足であれば、知識面としての学びなおしをしなければいけません。
リンパマッサージは肌に長い時間触れてマッサージをするので、施術時の滑らかさを促すアイテムが少なすぎると、これも痛みを感じる原因になります。
ボディに使うオイルやクリームは、少なすぎる量では肌に痛みを感じますので、適量を惜しみなく使いリンパマッサージを行うことです。

〇まとめ
技術面や基礎知識不足でリンパマッサージの痛みを招いているなら、スクールで再度学びなおすなど基礎からの改善も必要です。
施術時に肌に使うクリームやオイルが少なすぎると、マッサージを施す際に痛みを感じやすくなるので、つけすぎることはないものの適量を使って、手と肌の滑りをよくするようにします。