Skip to content

自分でリンパマッサージをやる際の注意点とは

リンパマッサージという言葉を耳にしたことがある人も多くいるかと思いますが、リンパマッサージは美容の為、そして健康の為に大変有効です。しかし実際自分でリンパマッサージをしようとしてもどの様に行えばよいのか、今一つよく分かりません。そこで自宅で出来るリンパマッサージのやり方と行う際の注意点を詳しく紹介しています。
興味のある方は参考にして下さい。

 

リンパマッサージで体の中から健康に

美容や健康に大変メリットのあるリンパマッサージが大変人気になっています。雑誌やテレビなどでもよく取り上げられており、その注目の高さを知ることが出来るでしょう。

リンパマッサージをすることでリンパの流れを良くする効果が生まれます。リンパは不要な老廃物を排出する効果がありますが、流れが良くなることでその効果が高まり、肌荒れなど改善し、美容の面でもおすすめです。また、全身の巡りが良くなり、血行促進や免疫力のアップにもつながる為、病気になりにくい体質づくりの為にも大変有効です。

リンパの流れが悪い人が比較的多くいます。冷え性の方などはリンパの流れが悪い人が多くいる為、しっかりマッサージを行って体の中の巡りを良くしましょう。また、リンパの流れが悪くなってしまうと疲労物質が体の中に溜まってしまいます。毎日の仕事の疲れなど、どんどん溜まってしまうと体がだるく辛くなってしまうので、しっかりリンパの流れを改善し疲労物質も根こそぎ排出しましょう。

この様にリンパの流れを良くすることで体に大変有効な効果が生まれます。病気になりにくい体を作ったり、美肌をつくったりと嬉しい効果ばかりなのでぜひ手軽に出来るリンパマッサージに挑戦してみましょう。

 

リンパマッサージをする際の注意点と効果

そんなリンパマッサージですが、やり方を覚えれば自宅で簡単に、自分でリンパマッサージをすることが出来ます。リンパマッサージは肌に軽く触れてリンパを流していくマッサージです。体の中にはリンパ管というものがありこの中をリンパ液が通りリンパ節に流れ込みます。リンパ節に送られたリンパ液には不要な老廃物なども流れ込み一緒にろ過され血管を通り尿として体外へと排出されていくでしょう。

この一連の流れが滞ってしまうと、体内に不要な老廃物が溜まってしまうことになってしまいます。不要な老廃物が溜まれば免疫が落ちるなど健康面にも悪影響を及ぼしてしまいますし、それが原因で病気になりやすい体になってしまう為注意が必要です。

そこでリンパマッサージが効果を発揮してくれるのですが、マッサージを行う場合は優しくなでる様に行うことが基本です。あまり強くマッサージを行ってしまうと逆にリンパの流れを止めてしまうことになってしまうので注意が必要です。

また、リンパマッサージを行う場合は滑りやすくする為にクリームやオイルを塗ってから行いましょう。クリームやオイルを塗らないと強い摩擦が肌への負担となってしまいます。せっかくマッサージをしているのに肌を傷めてしまっては意味がないので、必ず肌への負担を軽くする為にも事前にオイルやクリームを塗りましょう。

 

手軽で簡単に自宅で出来るセルフケア

リンパの流れが悪くなってしまうのは男性よりも女性が多くなっています。リンパの流れは筋力と大きく関係している為、筋肉が少ない女性は男性よりもリンパの流れが悪くなってしまう人が多くなっています。

その為、自分でリンパの流れを改善することが出来るリンパマッサージを行うことでリンパの流れを改善し、美肌効果や健康維持につながるのではないでしょうか。また、アトピー性皮膚炎などにも効果があるという研究結果も出ているので、アトピーで強いかゆみがある方など試してみるのも良いのではないでしょうか。

ただしマッサージはあくまでも優しく行うのが基本です。強い力は逆効果なので、ゆっくり優しく行いましょう。またリンパマッサージを行う際は心臓を中心に考えましょう。胸から下をマッサージする際は下から上に向かって行い、胸から上をマッサージする際は上から下に向かって行うと良いです。リンパの流れに沿ってマッサージをすることで新陳代謝も良くなり冷え性改善など様々な効果が生まれるので、ぜひ自分で出来るリンパマッサージを自宅で行いましょう。

オイルやクリームなどがあれば誰でも簡単に行うことが出来ますし、いつでも手軽に行うことが出来ます。力もそれ程いらないので女性でも簡単にマッサージを行うことが出来ます。ぜひ毎日の体のケアに、リンパマッサージを取り入れてみましょう。

 

リンパマッサージは自宅で簡単に行うことが出来るマッサージです。リンパの流れを改善することで不要な老廃物を排出し、免疫力を高めたり美肌効果も生まれる為大変おすすめです。ただしリンパマッサージを行う際は、そのまま行ってしまうと肌への負担が大きくなってしまうので、オイルやクリームなど塗った後に優しくなでるように行いましょう。その部分を注意すれば誰でも簡単に行うことが出来るので、ぜひ自宅でセルフケアをしてみましょう。