Skip to content
公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/03/05

リンパマッサージの資格習得までにスクールに通う期間は?

リンパマッサージは、むくみやセルライトなどを解消してきれいなボディを実現することを可能にしてくれます。

美容エステでは人気のメニューの一つです。

セルフケアでは改善を見ることが難しいセルライトなどの問題も、プロならではの技術で解消することが可能になっています。

最近ではリンパマッサージに特化した資格も登場しています。

 

リンパマッサージは癒しのプロ、どのような資格があるのか

立ち仕事の時間が多かったり、加齢でリンパの流れなどが滞りがちになると夕方になるとむくんでしまったり、太ももやお腹周りなどの皮膚が凸凹になるセルライトなどが観察されるようになります。

ダイエットなどによる部分やせ効果を追求するのも難しく、専門家による施術が解消のためには必須と言えます。

リンパマッサージはリンパの流れを改善し、セルライトなどを改善させる専門家になります。

健康や美容についての知識を深めたい方や、エステサロンへの就職を目指す・あるいは自宅開業を予定しているなど資格を習得する理由は様々です。

もっともリンパマッサージは国家資格ではなく、民間資格になるので認定団体によって呼び名は違いがあります。

一般的には「リンパケアセラピスト」の名称を使用する認定機関が多いようです。

リンパマッサージは人の肌に触れてはじめて可能になる施術です。

やり方を間違えれば、お客様の身体にダメージをあたえてしまう可能性も0ではないので、人体の機能やとりわけリンパの流れなどについての十分な理解が必要不可欠です。

エステサロンへの就職を目指すなら、幅広い「美容」に関する知識が必要になりますし、独立開業を目指しているなら経営に関する知識も習得する必要に迫られます。

リンパマッサージの資格を獲得するには、勉強するべき事項は色々あります。

知識や技術を深めるには市販の書籍を購入する方法もありますが、本格的に資格取得を考えるなら専門のスクールの利用はおすすめです。

 

リンパマッサージの資格を習得するのに必要な期間

それではリンパマッサージの資格を習得するのに必要な期間は、どれほどのタイムスパンを考えるべきなのでしょうか。

専門スクールの利用を前提にする場合、通学制や通信制などの選択肢が用意されています。

時間に余裕がある場合には、通学制のスクールを利用するのもありですが本業の傍らや、家事などをこなしながら勉強をする方も多くいらっしゃいます。

それぞれのライフスタイルにあったスクールを選ぶことがポイントです。

まずリンパマッサージについて特に知識もないという方は、資格を習得できるレベルになるにはある程度の時間が必要になると覚悟するべきです。

スクールによっても、コース選択によっても期間には違いがありますが、通信制の場合、標準学習時間は短いスクールで2ヶ月、長いところでは1年というスクールもあるようですが、平均的な学習時間は3-4ヶ月程度でカリキュラムを消化することを標準にしているスクールが多いようです。

これに対して通学制のスクールの場合では、3ヶ月から半年程度必要な場合もあり、スキルアップのためにほかのコースも履修すればさらに時間がかかることになるようです。

通信制の特徴はなんといっても、自分のペースで学習することが適う点です。

特に通信制では初学者を前提にしたカリキュラム構成になっているので、リンパマッサージの基本をわかりやすく解説しているので初学者の方でも無理なく理解が進めるようになっているのが特徴です。

 

学習意欲を保つために大事なこと

通学制のスクールならば同じ教室で勉強する仲間もいるので、学習のモチベーションが下がると言った問題に直面することはあまりありません。

これに対して通信制ではカリキュラムが用意され、教材なども用意されているとはいっても、基本的に自分で学習するスケジュールを決める必要があります。

本業に平日は携わっている方でも、週末や休日の空き時間を有効活用することができるのが、通信制のメリットですが、ある程度の期間は学習を継続する必要があるので、途中で中だるみして学習意欲が低下したりモチベーションが下がってしまうこともあります。

通信制でリンパマッサージを習得する場合には、通学制にはない問題に直面することもあるので、何らかの対策をとることが必要です。

スクール側でもこういった問題点は意識しており、定期的なスクーリングを実施していることが一般的です。

スクーリングとは定期的に受講生が特定の教室などに集合して、通信では習得するのが難しい技術などを実践したり、学習上の疑問点などにこたえるために実際に集合することです。

スクーリングは休日などに設定されるのが一般的なので、平日は多忙と言う社会人の方でも参加がしやすくなっています。

なかには煩わしいと思う人もいるようですが、せっかくの機会を利用しない手はありません。

また通信制のスクールでは無料で学習期間を延長してくれるサービスを採用している場合もあるので、事前に確認することをおすすめします。

 

おすすめ関連記事