Skip to content
公開日:2019/05/13  

資格取得のコスパが高いリンパマッサージスクールに通おう

自身でもリンパマッサージの技術を学んで、他者に対して施術をしてあげたいと考えるかもしれません。

その場合は、スクールに通うことによりプロの講師の方が教えてくれるため、適切な施術を理解できるようになります。

そして、資格を取得するために通うことを考えるのなら、スクールはコスパで選びましょう。

 

知識や技術重視で資格を決めるのがコスパがよい

理学療法士や鍼灸師などの施術は、医療行為でもあるため、国家試験に受かった方しか行うことはできません。しかし、リンパマッサージを行うために、取得しなければいけないものは一切ないです。

そのため、リンパマッサージのスクールを選ぶ場合は、資格の種類よりも、得られる知識や技術を重要だと考えたほうがよいです。同じ費用で資格を取るのなら、得られるものが多ければ多いほど、コスパが高いのが理解できるはずです。

だからといって、知識や技術ばかり学べて、資格がまったく取得できないスクールへの入学はおすすめできません。それは、資格を持っていることは、知識や技術があるという証になるので、役に立ついろいろなメリットがあるからです。

特に、施術を行う上で周りから得られる信頼の大きさは、資格の有無でまったく異なるので、仕事で施術するにしても、趣味で施術するにしても取得を強くおすすめします。

 

コスパを考えるならコストの回収も考えよう

コスパが高いスクールに通いたいなら、学費のことだけではなく、就職のこともしっかりと考えましょう。それは、入学金や学費が高かったとしても、就職してお金をきちんと稼げるのなら、最終的にはコストを回収できるからです。

逆に、入学金や学費が安いところに通って資格を取得できたとしても、働き口が見つからなければ、かけた費用を回収するのは難しいです。つまり、コスパを考えるならば、将来のことも考慮した上で、お金を稼げるスクールを選定しましょう。

現在だけに目を向けていると、将来得られたであろう利益を逃してしまうかもしれません。もしも、就職のことを考えるのならば、サポートが用意されているところを選ぶようにしましょう。

できることなら、個別の就職サポートが用意されていて、働き先が見つかるまで、しっかりと世話をしてくれるところがベストです。素晴らしい就職サポートがあれば、かけたコストをすぐに回収できて、さらにお金を稼ぎ続けられます。

なお、就職サポートがしっかりとしているのなら、そのスクールの就職率は高くなっています。そのため、コスパだけを考えるのなら、就職率を基準に入学するところを選ぶのもよいです。

そのスクールが運営するホームページを訪れれば、大抵の場合は就職率は簡単を調べられます。もちろん、就職率だけでは、どのような手助けをしてくれるのか分からないので、相談会に訪れて説明を受けることが大切です。

就職率が高いところは、それを宣伝文句としている場合が多いので、喜んでサポートについても話してくれるでしょう。将来性を知りたいのなら、どのようなエステサロンやマッサージ店に、卒業生が勤めているのか聞いてみるのもよい方法です。

ちなみに、就職だけではなく、開業までサポートしてくれる施設も存在しています。もしも、卒業後にすぐにお店を持とうと考えているのなら、開業サポートがあると便利です。成功するコツも教えてくれるため、独立して頑張っていく方法をたくさん学べるでしょう。もしも、将来の道がまだ決まっていないのなら、就職と開業の両方のサポートが用意されているところを選ぶと安心です。

 

夜間部のあるリンパマッサージスクールはコスパが高い

資格の取得をするときに、費用を重視するのなら夜間部に通うことを考えましょう。夜間部ならば、働きつつ通えるため、費用のコスパを考えたときには最強の手段になります。

ただし、昼と夜とでカリキュラムに違いがないか、しっかりと確認する必要があります。夜間部の場合は授業時間が短い場合が多いのですが、その分習えることが少ないのであればコスパが高いとはいえません。

そのため、夜間部を選ぶ場合は、できる限り昼と同じカリキュラムが用意されているところを選びましょう。もちろん、リンパマッサージの取得できる資格は、昼とまったく同じでなければいけません。

 

リンパマッサージの資格を取得する場合に考えるべきコスパは、学費だけではありません。特に、趣味で通うのではなく、就職のために通うのなら、将来に回収できるはずのコストを考える必要があります。

学業、就職、開業など、さまざまな要素が絡み合ってくるので、総合的な判断をしてコスパがよいスクールを選定しましょう。そのためには、これから先の人生設計が重要になるので、将来何をしたいのか、きちんと考えることも大切になります。

おすすめ関連記事