Skip to content
公開日:2019/01/15  最終更新日:2019/03/05

リンパマッサージは独学では限界がある?スクールとの違いとは?

リンパマッサージは体の老廃物を排出させると言った効果などがあって、健康や美容に良いと注目されています。

こうしたマッサージを学ぶと言う場合、スクールに通う方法独学を行うと言った方法があります。

学校に通うとより効率的に学びやすいですし、独学は自分のペースで学びやすいですが、学校は学費が必要で、自分で学ぶのは限界もあるということもあります。

そこで、これらの方法について違いをご説明します。

 

どうやって決める?スクールと独学

リンパマッサージはリンパをマッサージすることで、老廃物を流して体の中をきれいにし、様々な健康効果や美容効果を得るといったマッサージになります。

このリンパマッサージには疲労軽減効果や美肌効果があるため性別問わずに喜ばれている施術なのです。

そうしたリンパマッサージを学びたいという場合、スクールに通う方法と独学で学ぶ方法があります。

どちらもメリットとデメリットの両方があるので、色々と比較検討して決めることが大切です。

基本的にこのマッサージ方法を極めたいといった場合や将来職業として付きたいといった場合には、資格の取得を目指すということがおすすめです。

リンパ施術の資格で、取得したいものがあるという場合にはスクールに通うと効率的に学ぶことができます。

勉強方法については自身に合った方法で行うことが挫折せずに当初の目的を達成できる方法といえます。

学校が近くにあるかどうかや、近くになくても通信で学ぶことができるのかという点や、予算や期間的な点、自身が学習に利用できる時間なども考えて総合的に決めていくのがおすすめです。

学校で学ぶと言った場合でも独学で学ぶという場合でも、資格を取得した後にどのようにその資格を活用したいのかといった点をまずはよく考えてから学ぶということが大切です。

趣味で活用したいのか仕事として活用したいのかという点など、取得後の事をしっかりと考えてから決めるようにすると決めやすいといえます。

 

スクールを選ぶメリットと選び方

リンパマッサージの資格を取得すると資格取得後にサロンや美容クリニックなどへ就職するチャンスが大きくなります。

また、自宅でサロンを開業するという独立に向けた準備もしやすいといえます。

そのため、リンパマッサージの資格取得にはメリットがあります。

こうした資格取得などを目指す場合、スクールへ通うという方法はとても便利で効率的な方法です。

スクールに通うことで体系的かつ計画的に学ぶことができ、独学するのとは異なり質問などを聞く相手がいたり、同じ教室で切磋琢磨するクラスメートなどもいます。

近くにスクールがあって、費用も手ごろだという場合にはこの方法はとてもおすすめです。

しかし、近くにスクールがないという場合、通学せずとも自宅から学べるカリキュラムが提供されているスクールを活用するということもおすすめです。

自宅で学べるという場合、自身のペースでカリキュラムを進めていくことができやすく、仕事をしながら学ぶといった場合にはより柔軟に学べる通信型の学校は利便性が大きいといえます。

学校の特徴や、過去にスクールに通った人がカリキュラムを完了したらどのような進路を選んでいるのかといった点などに注目してスクール選びを行っていきましょう。

より自身に合ったスクールを選ぶことで、学習しやすく資格取得までの道のりもよりスムーズになるといえます。

学費やカリキュラム、スクールの学習形態などをいろいろと比較しながら選びましょう。

 

独学を選ぶメリットってどんなこと?

学校で学ぶという方法の他にも独学というスタイルで学ぶ方法もあります。

この学び方は学校などに通わずに自身だけで学習を進めるスタイルです。

独学をするとすぐにでも始めることができ、書店などで販売されている参考書等を用意して自宅で試験勉強をします。

例えば、学校に通うという場合、開校日などがあって待つ必要があるというケースもあります。

その点、自分で学ぶ方法なら思い立った時がスタート日なので自身でペースを決めて学習を進めるスタイルの方が合っているという人にとってはおすすめの方法です。

この方法を行うメリットとして他にも挙げられるのが、学費面でのメリットです。

学校に通うという場合と異なり、自分で学ぶ場合は授業料がかからず、教材を自身で購入するなどすれば入学金なども必要ないのです。

そのため、予算的なメリットを重視したいという場合には独学ならこうした費用を抑えて学習を進めることができますのでよりニーズに合うといえます。

また、自身でペースを決めて学習に取り組めるというメリットもあります。

ただ、この方法には限界があると言ってスクールに変える人もいるのです。

というのは、わからないところなどが出た時に質問しにくいということや学習ペースを維持しにくいといったことなどがあって、学校に通うという人もいると言われます。

自分で学ぶ方法も学校を活用する方法もそれぞれメリットとデメリットがあり、より自身に合った方法で学ぶことが大切ということなのです。

 

 

おすすめ関連記事