Skip to content

リンパマッサージのオイルには種類がたくさん!

リンパマッサージのオイルには種類がたくさん!

日ごろからスキンケアにもオイルを取り入れる女性は多いため、オイルに触れる機会も多ければ相性を理解している種類もあります。
スクールでリンパマッサージを学ぶ際にも様々なオイルを知ることになりますが、マッサージを行う際のオイルには種類が実にたくさんあるため、肌やコンディションに合ったものを選べるのも魅力です。

 

ほのかなオリーブの熟した香りも心地よいオリーブ油

〇オイルを使用する理由
基礎からのリンパマッサージを学べるスクールでは、マッサージの伝授だけではなく、お手入れ時に使用する豊富な種類のオイルを学ぶ良い機会でもあります。
使用するキャリアオイルには種類がたくさんありますが、マッサージを行う際にオイルを利用するのは肌なじみをよくするため、リンパマッサージをしやすくするためです。
肌に直接触れるのがマッサージであり、何も保護なしに行うと摩擦が生じるので、肌には無駄な刺激がかかります。
そこでキャリアオイルを塗布することでなじみの良い滑らかな肌になりますし、高い舞踊成分は皮膚への浸透も高いため、肌コンディションを高めるにも良いアイテムです。

〇用途に合ったオイル選び
一口にオイルといってもその種類は実に豊富であり、マッサージをする際の肌対応など、適したオイルを選び活かすようにします。
キッチンでも目にするオリーブ油は食用オイルとしても有名ですが、素肌に使うのは美容ケア用のオイルです。
マッサージにもオリーブオイルが選ばれやすいのは、豊富な抗酸化成分を含んでいること、純度も高いのはスキンケア用のオイルであり、乾燥肌へのアプローチにも適しています。
どのオイルでリンパマッサージをするか迷うようであれば、まずはスキンケア用のオリーブオイルを使ってみることです。
肌保湿効果にも優れていて頭皮の乾燥対策にも良いオリーブ油は、肌のエイジングエアにも一役買ってくれるので、マッサージにもエイジングケアにも向いています。

 

肌の再生能力にも寄り添う扱いやすいアルガン油

何度も繰り返し練習をしては自分の技術にしていくのが、スクールで学ぶことのできるリンパマッサージです。
マッサージの際には種類豊富なオイルを使うことになりますが、肌に触れて使用をするだけに安心して使えるタイプを選ぶことになります。
・肌なじみが良くてマッサージで手の滑りも良いものであること
・過度にニオイがせず色も毒々しさがないこと
・含まれるオイルの美容成分が高く何よりもフレッシュであることです。

〇特徴
・惜しみなく含まれる天然ビタミン成分豊富なアルガン油もマッサージではよく使われる種類であり、活性酸素を消し去るのも得意という、抗酸化作用も高いタイプになります。
オレイン酸と恵まれた豊富なビタミンのダブルの力は、リンパマッサージに取り入れることで美肌効果ももたらす種類です。
皮膚へ備わる再生能力への働きかけにも優れている
アルガン油は、使い続けることでしわやたるみなどのスキントラブル解消へ導くオイルでもあります。
しつこいべたつきもなく透明感も高いのがアルガン油なので、何度使っても使いやすいですし、初心者が選ぶにしても扱いやすいです。
低刺激で肌に優しいのもアルガン油の特徴であり、ボディのみではなくフェイスケアにも、頭皮や髪の毛のお手入れにも安心して取り入れることができます。

 

肌の自己治癒力を高める低刺激なオイルも

手の滑りを良くしたり美容成分も重視されるオイルは、リンパマッサージをする際には欠かせませんし、種類があるので毎回のマッサージでその日に合ったものを選べるのも楽しいです。
ナッツ系のオイルも豊富にありますが、クルミの種子より採取するウォールナッツ油を選ぶのは、エイジングケアにも適しています。

〇特徴
・クルミにはエイジングケアに良いとされるビタミンEの栄養素が豊富、ほかにもミネラルリノール酸パルチミン酸などを含む、美容成分の宝庫のようなオイルです。
・普段から直接食べても美味しいクルミですが、ウォールナッツ油に形を変えても美容成分が変わることはなく、リンパマッサージをする際に使うことで、素肌からも直接天然美容成分を浸透させることができます。
べたつきが少なくサラサラしたテクスチャーのオイルなので、マッサージをする際にも扱いやすくて、さらに皮膚への浸透性は大変高いタイプです。
・ククイの木より採取できるのがククイナッツ油であり、皮膚の持つ自己治癒力に寄り添い高める作用に恵まれています。
肌への低刺激は赤ちゃんの肌にも使用できるほどのお墨付きであり、肌の弱いタイプや乾燥肌でも安心して使えるオイルです。
・不飽和脂肪酸やさまざまな必須脂肪酸もたっぷり含まれるので、リンパマッサージに使うと、皮膚細胞の活性化が盛んになります。
・オレイン酸やリノール酸なども豊富で抗酸化作用も高く、素肌の潤いは維持しやすくなりますし、ツヤのある若々しい肌に導くのも得意なオイルです。

〇まとめ
スクールで学ぶリンパマッサージは技術面も大事ですが、その日のコンデョションや肌質にも合うオイルを選ぶ判断力も身につけていく必要があります。
オイルは身近なオリーブ油をはじめ、あらゆる種類がありますし、テクスチャーも違えば美容成分も異なるため、知るほどに面白く深みがあるのがマッサージオイルです。
じかに肌に塗布し全体的にマッサージを施すことを考えると、何をおいても安全性重視でオイルは選ぶ必要があるため、商品ラベルを確認して成分の品質を確認します。
不純物を含まない天然で安心できる素材だけであること
原材料を確認して製造年月日までチェックをすることです。