Skip to content
公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/03/05

リンパマッサージのスクールは通う場所によって変わる?

リンパマッサージのスキルを習得し、将来的には独立開業を目指したいというのであれば、スクール選びはとても大切です。

それらにかかわるスキルや知識を身に着けられるかどうかが問われるため、どのような授業が行われるのか確かめなければなりません。

それに良い方法が体験実習です。

実際に授業を体験することで、自分自身が学びたい内容がそろっているのかどうか知ることができます。

 

初心者の場合は長期にかけて学ぶのが良い

リンパマッサージのスキルを習得するために、スクールに通って学ぶ人が増えています。

中でも主婦層に人気があり、スキルを習得した人の中には独立して開業する人もいます。

スキルを習得するためにスクールに通って授業を受け学んでいきますが、そのスキルはスクールによって内容も変わるため、スクール選びはしっかり行わなければなりません。

しかしインターネットやパンフレットのみの情報ではなかなか満足な情報を得ることができないこともあります。

その場合は体験実習を受けると、どのような授業が行われるのかを自分の目で確かめられます。

いきなり通い始めるよりも、まずはスクールの中で実体験することで、長期間通えるところかどうかも確かめることができます。

体験実習はインターネットでスクールのサイトをアクセスすることで、スケジュールを公開していることが多く、常に確かめることで情報を得られます。

もし、リンパマッサージを習うことが初めての人の場合は、できるだけ長期間学ぶことがおすすめです。

スクールによっては1日だけでスキルを習得できるというところもありますが、それはマッサージの経験のある人が主に学ぶところとなっており、初心者が通うようなコースではないといわれています。

リンパマッサージは人の体を扱うスキルとなるため、学習するためにもじっくりと学ぶことができるように長期にかけて習得できるように授業を受けることが望ましいかもしれません。

 

スクールの学費はどのくらい支払えば良いのか

もし、リンパマッサージのスクールへ通うのであれば、学費はどのくらいかかるのか気になる人もたくさんいます。

学費は場所によって金額が変わり、しかもコースによってさまざまです。

100万円かかるコースもあれば、15万円から30万円で抑えることができるコースもあります。

しかし初心者の場合はハイレベルなコースを選ぶことができない場合があり、そのような人には初心者コースとして学費の安いところを選択するようになっていることが多いです。

上級者レベルのコースとなれば100万円から150万円するコースも存在しています。

独立したいと考えるのであれば上級者レベルのコースを選んで受講するのが望ましいかもしれませんが、どこかのサロンで働きたいと考えるほどでしたら初級のコースでも十分に学習できます。

スクールに通えば、しっかりと授業でスキルを習得できるよう教えられます。

そのため、1日休んでしまうと授業に遅れを取ってしまい、ついていくことができにくくなるともいわれています。

しかも、机上の授業ばかりではなく、ほとんどが実習で取り組むスタイルとなっていることが多く、遅れを取ってしまえば大きな痛手となる可能性もあるので気を付けなければなりません。

せっかく高い学費を支払うので、それを無駄にしないよう、体調不良や病気にならない限りスキルを習得しようと心がけるためには、毎日ちゃんと続けて通い学ぶことで授業についていくことができるようになります。

 

授業内容をしっかり確かめることが大切

授業内容もスクールの場所やコースによって変わってきますが、主な内容として習うものは全身の図を見ながらどこにツボがあるのか、神経があるのか、そしてリンパがどのように流れているのかなど人間の体について学びます。

これらはリンパマッサージを行うための基礎となるもので、十分に把握していなければ他人の体を扱うことができません。

リンパマッサージを学ぶ人の中には、あんまマッサージ師という国家資格を取得してからやってくることもあります。

人の体を知ることは、1日だけの授業で習得するのはほぼ不可能です。

だからこそ、初心者の場合は長期間かけて学ぶことが良いというわけです。

初心者コースとなれば、ヘッドスパや小顔マッサージなど体の一部分を扱う内容が多く、上級者コースとなれば全身を扱うための内容となる場合があります。

もし、将来独立を希望して学びたいというのであれば、独立するための経営内容を授業に取り組んでいるスクールも存在しているので、それも重視しながら選ぶと良いでしょう。

その場合は、体験実習のときにそのような授業内容があるかどうか問い合わせることが必要です。

そして、経営内容を学ぶことができるのであれば、どのようにサポートしてくれるのかも聞くことが大切です。

その内容によって、将来どのような方向へ進みたいのかその方向性も変わっていきます。

独立開業は、知識も身に着けることが要されるため、そのスクール選びも重要になってきます。

満足できるスキルを習得できるよう、独自の判断が必要になります。

 

 

おすすめ関連記事