Skip to content

リンパマッサージの資格を手に入れるためには独学とスクールどっちがオススメ?

人間の体にはリンパというものがあり、そこをマッサージすることで、さまざまな効果を得られます。

疲労の軽減や美容効果もあるので、男性にも女性にも喜ばれている施術だといえます。

そのリンパマッサージを趣味として極めたい場合や仕事にしたい場合は、まずは資格の取得を目指しましょう。

試験に合格できるほどの勉強を行えば、リンパとマッサージの深い知識がしっかりと身につきます。

なお、勉強の手段は一人で行う方法と教育施設で講師に教えてもらう方法があるので、自分に合ったものを選択して、リンパとマッサージについて学びましょう。

資格を勉強する前に知っておくこと

リンパに関連する施術はいくつかありますが、マッサージという名称が使われていないものもあります。

例えば、リンパセラピストやリンパドレナージュという名称があり、マッサージと同じような施術を行っています。

そのため、リンパに施術する資格を取りたいなら、マッサージという名称にこだわらず、セラピストやドレナージュの資格も調べておきましょう。

特に、就職を考えるなら、取得するものによって将来の道が変わるため、それぞれの資格の違いは明確にしておかなければいけません。

そうすれば、より自分に適した施術を見つけられるので、将来の道を決めるときに後悔しなくても済むようになります。

なお、資格の違いを知りたいのなら、それぞれの施術内容を公式サイトなどでチェックするとよいです。

きちんと調べれば、異なるポイントがいくつも見つかるので、そこに自身がやりたい施術が含まれている資格を選びましょう

ただし、資格の取得の難易度は、就職にも関わってくるので注意が必要です。

それは、雇う方から見れば、簡単に取得できるものよりも難しいもののほうが知識や技術を持っている証になるからです。

そのため、いくつかの種類のリンパ系の資格で迷っているのならば、就職先の選択肢を広げるために、より難しいものへのチャレンジをおすすめします。

独学やスクールを使ってリンパ系の資格を学ぼう

リンパを施術する資格で、取得したいものが決まったのなら、次は勉強方法について考えましょう。

まず、すぐにでも始められるのが、書店で売られている参考書を買って、自宅で試験の勉強をすることです。

ネットショップでも購入できるため、近場の書店に売っていなくても、数日後にはリンパやマッサージに関する勉強が開始できます。

ただし、すべての資格の参考書が販売されているわけではないため、まずは自分が取りたい資格に対応したものが用意されているか確認しましょう。

一方のスクールのほうは、知識だけではなく実際に施術方法も教われるため、より本格的な勉強が行えます。

ただし、どこにでもあるわけではないため、まずは自身の周りでリンパ系の資格が取得できるところを探さなければいけません。

見つけたのならば、カリキュラムや費用や入学時期を確認して、自分の望みにあったところに申し込みましょう。

なお、住んでいるところによっては、勉強ができる教育施設がまったくないかもしれません。

だからといって、誰にも頼らず一人で勉強するのが無理な方もいるでしょう。

そのときは、自宅にいながら、通学制の専門的なカリキュラムが利用できる通信講座の利用をおすすめします

いろいろなところがリンパ関連の資格の通信講座を用意していて、テキストやDVDを使って勉強を教えてくれます。

独学とスクールを選ぶときに考えること

自分の取りたい資格が、独学でもスクールでも取得できる環境にある場合は、どちらで学べばよいか迷うでしょう。

その場合は、自分の現状を知った上で選ぶ必要があります。

まず、これまでの人生の中で、一人での学習が得意だったか不得意だったか考えましょう。

義務教育での経験を思い出せば、自身がスケジュール通りに勉強できたか分かるはずです。

これはとても大切なことなので、最初にしっかりと自問自答しておく必要があります。

もしも、得意だと自信を持っていえるのならば、両方の選択肢が残ります。

しかし、不得意だというのなら、挫折しないためにも通学制の利用を決断しましょう。

そして、一人での学習が得意だったのなら、次は取得までにかかる費用を考えましょう。

書籍を購入して勉強するのと、通学して講師に教えてもらうのとでは、費用が大きく異なります。

そのため、自身がいくらまで支払えるのかきちんと考えて、お金が理由で挫折しない方を選ぶとよいでしょう。

ちなみに、資格を取ったあとに就職したいと考えるのなら、就職サポートがある教育施設の活用をおすすめします。

就職サポートがあるようなところでは、一般には公開されていない求人情報を持っているので、ネットや求人誌よりもずっと有利に就職活動が可能だからです。

 

挫折することなくリンパ系の資格を取得したいなら、自分の特性や予算をきちんと把握した上で、独学にするかスクールにするか選定する必要があります。

なお、どちらの方法を選択したとしても簡単には取得できませんが、きちんと努力を行えば他者を癒やせる力を手に入れられるでしょう。