Skip to content

リンパマッサージの資格を取得した後の仕事先の種類は?

代替医療としてリンパマッサージやリンパドレナージュという施術を目にする機会が多くなったことで、資格取得に挑戦する人も増えています。
種類がありますが、晴れて取得した暁にはどのような就職先が考えられるのでしょうか。

 

リンパの流れを良くする医療技術

リンパの流れを良くするにはマッサージやドレナージュがありますが、素手で筋肉をほぐしながら温め老廃物を排出しやすい状態にするのが目的です。
1932年にフランスで考案された施術で、その後発展しながらヨーロッパからアメリカに技術が拡がり、病院や医療現場で確立された行為です。

ちなみに、日本に入って来た時はドレナージュというフランス語よりマッサージのほうが馴染みやすかったようですが、両者に変わりはありません。
発症に因めば、ドレナージュと言ったほうがより正式でしょう。

ただ、各地でどんどん研究され、爆発的にアレンジが増えたために、今ではたくさんの施術法が生み出されています。
素手で直接皮膚に触れること、全身のリンパ液の流れをスムーズに流すことが施術の基本で、老廃物をろ過する人間の仕組みを利用してデトックスを行うことは変わりません。

施術を受けるとすぐにむくみなどが改善する人も多く、手術でリンパ節を摘出した患者の浮腫み改善のための施術としても取り入れられました。
今ではエステサロンなどで体質改善や美容効果を求めて行われることが多いですが、もともとはれっきとした医療だったわけです。

勉強で得られるライセンスの種類とは

リンパドレナージュのライセンスは、目的によって医療用と美容・リラクゼーション用の2種類に大別することができます。
医療では前述の通り、主にがんの後遺症として現れるリンパ浮腫の改善と緩和が目的となります。
一方、美容・リラクゼーションでは、基本的に医療のリンパドレナージュの考え方や技術は応用しますが、医療行為ではなく体調を整えたりリラックスしたりすることが目的です。

ライセンス取得に挑戦するなら、まずは自分が目的とする働き方を見極めて学びたい内容を学ぶ必要があるでしょう。
現在人気が高く注目されているのは主に美容・リラクゼーションのリンパドレナージュです。
ワキの下や足の付け根にあるリンパ節に向かってリンパ液をスムーズに流すことで、老廃物などを排出させることを目的とする技術です。

老廃物が早く無くなれば美肌効果も高くなりますし、アロマオイルなどを使用すると同時にアロマセラピーの効果も得られ、肉体面だけでなく精神面にも良い効果を得られます。
必要な知識や技能により勉強内容が変わることもありますし、あくまでも自分用に勉強したいのか、プロとして他の人に施術できるようになりたいのかでも変わります。
学び方にはスクーリングや通信講座などもありますので、自分に合う方法を見つけましょう。

医療用と美容用のライセンスによる職場とは

まず、医療用リンパドレナージュのライセンスとしては、リンパ浮腫療法士やICAA リンパドレナージュセラピスト、MLD認定ベーシックセラピストなど7つの種類があります。
それぞれ病院やリハビリ施設、介護施設などに就職先があり、独立して開業することも可能です。
ただ、医療用のライセンスの場合、国家資格を持つ方のみが取得できるものも多く、医師や看護師、理学療法士などですでに働いている人が対象の場合も少なくありません。
すでに医療人として働く中で、専門知識の幅を広げるために取得するというのが実際のところでしょう。

一方、美容・リラクゼーション用のライセンスは取得しやすく、取得後は主にエステサロンや整体サロンなどのスタッフとして勤務する道があります。
また開業してセラピストとして活躍する人もいますし、あえて施術するのではなく、店舗運営などに携わる仕事もあります。
アロマセラピーのサロンなどでは、実際にマッサージを行う以外にも、セラピストとして相談や悩みを聞きつつ精神的にも癒すヒーラーとしての働き方もあります。

人の手が触れるとリラックスしてストレス緩和に高い効果がありますし、施術しながらおしゃべりをするだけでも心理面でプラスに働くことがあります。
そうした働き方を目指すなら、コミュニケーションスキルも必要になるでしょう。
リンパドレナージュは自宅などでもサロンを開業しやすく、機器なども必要ないので施術台やタオルのみで営業できるのもメリットです。
ただ、独立するなら経営の勉強は必要ですし、化粧品やサプリなどを販売するなら薬事法の勉強も必要です。

 

リンパドレナージュの資格を取得した後は、医療用のライセンスなら病院などの医療機関やリハビリ施設、介護施設などで働くことができるでしょう。
美容やリラクゼーション用のライセンスなら、主にエステサロンやアロマセラピーのサロンなどに就職口があります。
また、リンパドレナージュはマシンなども必要なく、自分の腕一つと施術台のみで営業が可能なため、自宅などで開業することも可能です。
ただその場合は経営の勉強や薬事法の勉強もしておきたいところですし、実際にはサロンなどで経験を積んでから独立する人の方が多いです。