Skip to content

リンパマッサージスクールの学費はどれぐらい?

今の時代はありとあらゆる職業があり、就くためには資格が必要なものもあります。

資格がなくても働ける場合でも、資格を取得しておくことにより採用に有利になったり優遇してもらえる可能性も高まります。

近年人気を高めているのが、リンパマッサージであり健康や美容に効果的ということから、エステサロンやリラクゼーションサロンで施術メニューとして取り入れているケースが多いのはもちろんのこと、医療機関や福祉関係でも活躍できるなど、需要が高まっています。

リンパのマッサージの資格を取得しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

資格取得自体はそれほど難しいものではなく、通信講座でも取得することができるようになっています。

ですが、確実に知識と技術を身につけ、手に職をつけるという目的で取得するならば、やはりスクールに通うべきです。

一口にスクールといっても、人気を高めている資格ということもあり取得できるスクールが豊富にあり、どこが良いかで悩むのは当然のことと言えます。

スクールによる違いは多岐にわたるのでよく比較して選ぶようにしなければなりません。

その中でも気になるのは、スクールの学費はどの程度かという点ではないでしょうか。

リンパマッサージスクールの学費の相場について

料金の違いはスクールによってかなり大きくなっており、少しでも安いに越したことはないと考えるのではないでしょうか。

金銭面の違いは比較しやすいポイントということも確かであり、注目しておくべきといえます。

しかしどんなに安くても、カリキュラムがしっかりとしていないとなれば、しっかりと学び知識と技術を身に付けることはできません。

もちろん、だからといって高ければ良いというわけでもないので、しっかりと内容を比較してから選ぶことが大切になってきます。

どんな目的でスクールに通うのかを明確にした上で、目的に合っている講座やカリキュラムの相場を知ることができます。

相場よりも安すぎたり高すぎたりする場合には、なぜその料金なのかということをしっかりと確認しておき、納得できるかどうかが重要になってきます。

レベルによる学費の違いも大きくなっている

リンパのマッサージのスクールには、様々なコースが設けられているケースが大半であり、レベルによって学費にも大きな違いがあります。

経験が全く無い初心者向けのコースの場合には、十五万円から三十万円が相場となっていますが、上級者向けですでにある程度の知識や技術がある人がより高い技術や理論を学ぶコースの場合には、スクールによっては百万円を超える費用が必要になることもあるので、どのレベルなのかということの違いもチェックしておくようにしましょう。

スクールによっては、初心者コースはかなりリーズナブルな料金設定になっていて、上級者コースは他のスクールよりも高いということもあるので気をつけましょう。

上級クラスへの編入時に学費が割り引かれ、カリキュラムも一部免除されるスクールも存在しています。

一日で修了するコースの場合には、二、三万円程度とかなりリーズナブルなコースもありますが、開業できるほどの知識や技術を身に付けたいと考えている場合には適しているとはいえないことが大半となっています。

自分のレベルと学びたい内容により、料金の差はかなり大きくなっていることは確かではないでしょうか。

学費以外に必要となる費用にも注目しておく

スクールを選ぶ際には、講座を受けるために必要になる費用だけで判断しないように気をつけておく必要があります。

講座料が安い場合でも、取得するリンパマッサージの資格によっては、検定料金が掛かる場合もあります。

入会金が別で必要になっているスクールや、補習を受けるために講義料金が掛かるスクールもあるので、本当に必要なトータル費用はいくらになるのかということをしっかりと考えてから選ぶようにしておきましょう。

予定外にトータル費用が高額になってしまわないかは、あらかじめチェックしておく必要があります。

 

リンパのマッサージの手技は、ひと通り学んだらそれで終わりというわけではなく、実際にプロのリンパセラピストも常にスキルアップを目指し鍛錬をしており、中には何度もスクールに通う人もいます。

初心者コースを終えてもスキルアップのために通うこともあり、そのことも考えながらスクールを選ばなくてはなりません。

スクールによっては、卒業後のアフターサポートが無料で行われているスクールもあり、プロのリンパセラピストとして働きたいという場合には、先々のこともしっかりと考えてスクールを選ぶようにすると、費用面の負担を少なくすることができるのではないでしょうか。

スクールに通って資格の取得となれば、通信講座で取得するよりも高額な費用が必要となってきますが、その分しっかりと技術を身に付けることができ、知識もしっかり頭に入れることができるので、価値があることは間違いないのではないでしょうか。

金銭面の違いのみではなく、本当に目的に合った技術と知識を身につけることができるのかを考えて選ぶことが大切です。