Skip to content
公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/03/05

リンパマッサージスクールの講習は働きながらでも受けられる?

リンパマッサージに興味を持って、資格の取得などを目指したい人もいるでしょう。

スクールによっては短期間で資格を取ることが可能なので、現時点で別の仕事をしている人でも通うことができます。

専門のスクールならばマッサージ方法や体に関する知識を勉強できますし、問題なく仕事と両立することが可能です。

近年ではリンパマッサージの需要は広がりをみせており、医療現場や介護の現場でも必要とされています。

 

リンパマッサージスクールは学校ごとに千差万別です

リンパマッサージとは人間の体内に流れているリンパをほぐすことでスムーズな状態にする施術のことです。

リンパの流れを整えることで体の中の循環機能を活性化して、体に溜まっている老廃物の排出を促進する効果が期待できます。

逆にリンパの流れが悪いと老廃物が体内に溜まってしまうので、むくみや肩こり、免疫力の低下などの影響が現れます。

代謝機能の知識やマッサージの仕方を専門のスクールに通うことで学べますので、実践向きの技術が身に付きます。

一般的なリンパマッサージスクールの多くは仕事として働くことを目標にしているために、資格取得をサポートしています。

スクールごとにカリキュラム内容や受講する講習期間、マッサージ技術などに違いがあります。

働きながら勉強する場合には、通学できる時間帯に講習を実施しているスクールを選ぶことが大切です。

通いやすい場所に学校があることも調べておくべきポイントで、交通アクセスの良い場所にある学校のほうが仕事と両立させやすくなります。

働くために資格を取得したいのか、自分磨きなのか、技術の習得なのかスクールを実際に選ぶ前に色々なことを整理して探すことがおすすめです。

ひと口にリンパマッサージスクールといっても、費用にもそれぞれ大きな差があります。

本格的な講師陣を揃えている学校では年間あたり100万円以上の費用がかかるスクールも存在しています。

気軽に通うことが可能なレベルならば15万円ほどの費用を支払えば通うことが可能です。

 

目的に合うリンパマッサージの学校を選ぶことが大切です

リンパマッサージのスクールは共通のルールが存在しているわけではなく、学校ごとに様々です。

自分が月額あたり支払うことが可能な学校を選択することが重要ですが、カリキュラムも変わってくる点は気を付けて確認するべきです。

入会金や特別講習が別料金で発生することも考えられます。

事前に受講料を確認することはもちろんですが、それ以外に別料金がどの程度発生するかも調べると良いです。

リンパマッサージの資格も1種類だけではなく、複数の種類があるために、どの資格を取得したいのか、どの授業を受講するのか把握しておきましょう。

複数のコースの中から自分の希望するものを選ぶことで通うことになり、働きながら学びたい人は短時間コースを選ぶことが重要です。

最も短い期間で資格を取れるものは12時間コースがあるために、それほど長く時間をかけずに合格を目指せます。

予算の範囲内で学校を選ぶことは大切ですが、せっかく料金を支払うのですから目的を達成できるところに通うべきです。

リンパマッサージの授業を受ければ技術を習得して終わりではなく、リンパセラピストなどの実践的なスキルのレベルアップを目標にすることが可能です。

1度卒業した後も別のコースの契約をすることで、レベルの高い技術を習得できます。

アフターサポートが充実している学校ならば、自己練習の場所を提供してくれるために満足できるところまで練習できる点がメリットです。

プロとして新しい仕事にしたい人は、レベルアップが見込めるスクールに最初から行くことが重要です。

 

社会人でも通える学校を選びましょう

働きながらであれば、具体的な目標を達成するまでにかかる期間を知る必要があります。

最短で資格取得できるコースでは12時間、最長のものは220日間で、約1年間スクールに通います。

仕事を継続しながら勉強したい人は、自分の空いている時間帯に学べる学校を選んだほうが便利です。

仕事を持っている人が通いやすいシステムを採用している学校も数多くあり、時間帯や曜日を選んだり、受講回数で料金を支払うところもあります。

初級コースで資格を取ることのみが目的の場合には12時間程度の勉強で取れます。

平均的には75~100時間ほど学校に行く必要がありますが、勉強のスピードや技術習得にかかる時間は厳密には人それぞれなので、あくまで目安の時間です。

受講回数や曜日などを自由に選択できるほうが社会人にとって便利で、フリーなスケジュールでカリキュラムを組める学校がおすすめです。

社会人コースは1回あたりに長時間の授業を受けることが難しいために、それなりに長いスパンで勉強することを覚悟しておきましょう。

自分の仕事の時間帯と被らないようにできるコースなど、ライフスタイルに適した学校のほうが無理なく続けることが可能です。

どのような資格の種類を取得できるのかや、コース内容を確認した上で契約することが重要です。

自分の体のケアや家族のために勉強したい人ならば、本格的なコースで学ぶ必要はありません。

自分のペースで勉強したい場合には、通信講座を選択することもできます。

通信講座のメリットは自宅で勉強できる点や、ペース配分を自分で決められる点です。

通学しなくても良いために時間を節約して勉強することが可能です。

 

おすすめ関連記事