Skip to content

フランシラ・ナチュラルセラピストスクール

フランシラ・ナチュラルセラピストスクールは、医療業界でも重宝される「リンパ浮腫療法士」の資格が取れるリンパマッサージスクール。この資格を持っている人は医療従事者にも少ないため、幅広い方面で活躍できる道が開けるでしょう。

基本的なコースは2種類あり、わかりやすく言えば資格を取得するためのコースとより実践的な技術を身に付けるためのコースです。これら2つのコースは併修することも可能で、より現場で活躍したい人は両方のコースを受講するといいでしょう。また、それとは別に1回ごとに受講できる医療従事者が対象の特別コースも用意されていて、必要に応じて使い分けるのがおすすめです。スクールは和気あいあいとしたアットホームな雰囲気で、誰でも通いやすくなっているのが特徴です。

 

医療業界でも重宝される「リンパ浮腫療法士」の資格が取れる

フランシラの最大の魅力は、医療業界でも重宝される「リンパ浮腫療法士」の資格を取得できること。フランシラのリンパドレナージュなら、リラクゼーションはもちろん医療機関での自然療法としても活躍することができます。実はこのリンパ浮腫療法士の資格は医療従事者の中にも持っている人が少なくなっているのです。フランシラで学びこの資格を取得できれば、より広い範囲での活動が行えるようになるでしょう。

2005年から主任講師にはリンパ浮腫臨床実績1万名以上の実績を持つ廣田彰男医師を迎え、広田内科クリニックでの臨床見学も行われています。スクールで使用される教材にもこだわりがあり、リンパ浮腫製品開発メーカーのドイツのハートマン社やスイス・デンマークなどとも連携した教育が行われています。

併修も可能な2つのコース設定

フランシラには認定「リンパ浮腫セラピスト」実技コースアドバンス「臨床」コースの2つのコースが用意されていて、この2つは併修することも可能となっています。認定「リンパ浮腫セラピスト」実技コースでは医療用リンパドレナージ(MLD)を働きながら学べ、リンパ浮腫の複合的治療(CDT)を習得することができます。実技コースを修了すれば「専門的なリンパ浮腫研修に関する教育要網」にかかる要件を満たし、保険施設においてリンパ浮腫治療の加算対象セラピストとして認定されます。

アドバンス「臨床」コースでは更に臨床力を養って、自信を持って現場で活躍するための技術を学びます。現在リンパ浮腫セラピストの資格を持っている人は本当に少なく、講習会が終了するとすぐに1人で施術をしなければならないような場面も多いです。そういった機会でもしっかりと持っている技術を発揮するためにアドバンス臨床コースで学んだ内容が役に立つでしょう。

1回ごとに受講できるブラッシュアップコースも

先ほどの項でフランシラには2つのコースが用意されているとお伝えしましたが、それとは別に1回ごとに受講することが可能なブラッシュアップコースも用意されています。こちらは医療従事者が対象で、1回3,000円(税別)という料金システム。スクールで資格は取得したもののまだ1人で施術する自信がない人や、しばらくブランクがある人は受講を考えてみてもいいかもしれません。

大規模ではないものの通いやすい雰囲気のスクール

フランシラは決して大規模なリンパマッサージスクールではないものの、スクールは和気あいあいとしたアットホームな雰囲気となっています。わからないことや難しいことがあっても講師が親身になってできるようになるまで教えてくれるため安心です。

フランシラ・ナチュラルセラピストスクールを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

・スタッフの指導が丁寧

先生をはじめ、スタッフの方々全員が優しく丁寧に指導して下さりありがとうございました。仕事と家庭を両立させながら学ぶには、日時や時間も参加しやすく良かったです。一緒に学んだ方々とも色々情報交換しながら、アットホームな感じで学ぶ事が出来ました。職場で、外来とリンパ浮腫外来のつなぎ役としてがんばるつもりです。
引用元:http://www.frantsila.org/

→先生やスタッフという、生徒さんをサポートする立場の方々の対応というのは、生徒さんのモチベーションに直接繋がってくると思いますが、フランシラ・ナチュラルセラピストスクールのスタッフは本当にそのあたりに力を入れているようですね。そのようなサポートがあるからこそ、生徒さんのモチベーションも高く、楽しく勉強することができるのでしょう。

・非常に参考になった

遠方からの通学でしたが、働きながらでも学べたので良かった。学ぶ中で生徒さん達から病院や施設等でのリンパ浮腫治療や現状等も聞けたので参考になった。今後も技術や知識をさらに身に付け、患者さんにきちんとした治療を提供できるよう頑張っていきたい。
引用元:http://www.frantsila.org/

→遠方からの通学はとても大変だったことでしょう。しかも働きながらとのことで、よほど意欲がないと継続すら困難だったかと思います。ただ、そんな中支えになったのは周りの生徒さんだったようですね。同じ目標に向かって進む仲間だからこそ、切磋琢磨できたんでしょう。