Skip to content

SEASメディカルリンパ
アカデミー

SEASメディカルリンパアカデミーでは通常のリンパマッサージと少し違った「メディカルリンパ」に関する学びが提供されていて、ただ美容だけを目的とするのでなく健康までを視野に入れたセラピストを目指すことができます。こちらのスクールは(社)日本メディカルリンパセラピスト協会が認定した唯一の専門校であり、日本でも珍しいスクールとなっています。

SEASメディカルリンパアカデミーでは血液・筋肉・筋膜・骨格・神経・内臓・精神面など、身体を多角的にとらえて結果を出す「予防医学」の技術を確立。ひとつひとつの技術を別々に学ぶのではなく、からだ全体のバランスを整えるための総合的な技術を習得できます。「通学」スタイルと「通信」スタイルの2種類の学び方から選ぶことができ、それぞれのスタイルで更にコースが細分化されています。自分のライフスタイルに合った学び方で、理想とするセラピストになることができるでしょう。

 

 (社)日本メディカルリンパセラピスト協会が認定した唯一の専門校

SEASメディカルリンパアカデミーの特徴として最も大きなものは、(社)日本メディカルリンパセラピスト協会が認定した唯一の専門校であるという点です。こちらのスクールでは予防医学に特化した「メディカルリンパ」の資格を取得することができます。メディカルリンパというのは通常のリンパマッサージに予防医学の技術を応用したもの。通常のリンパマッサージにもむくみの改善や小顔効果など様々な効果がその場で現れるという特徴はありますが、病気の手前である未病を改善できるほどではありません。

しかしメディカルリンパセラピーの技術を身に付ければ、からだ全体のバランスを整えて未病を改善することができるようになります。「リンパマッサージの知識は全くないけれど、一から学んで資格を取得したい」という人や「ただ美容だけを目的とするのではなく健康のために行えるリンパの技術を学びたい」という人から選ばれているスクールです。

好きな時間に足を運んで学べる「通学」スタイル

「通学」スタイルと「通信」スタイルの2種類の学び方から自分のライフスタイルに合う方を選択できるのもSEASメディカルリンパアカデミーの特徴です。通学スタイルの場合は好きな時間にスクールまで足を運んで少人数で学ぶ形式となります。通学スタイルの中には更に9種類のコースが用意され、自分がどのような技術を身に付けたいかによって選べます。

いくつかの例を挙げると、自宅での開業や副業を目指す人には「ホームセラピスト養成コース」が、独立開業に必要な知識を身に付けるのであれば「メディカルリンパセラピストコース」がおすすめです。リンパに関する全ての知識と理論を身に付けたい人には「マスターメディカルセラピストコース」も用意されていて、一人一人の目的に応じてどのコースにするか決めるといいでしょう。

自分のペースで学べる「通信」スタイル

通信スタイルの場合は空いた時間に自分のペースで学ぶことができます。SEASメディカルリンパアカデミーだからこそできる非公開施術法でリンパマッサージの資格を得られるでしょう。本物の技術を取得したいと考えるセラピストから「スクールに通いたいけど遠い」という声が寄せられ、その声に応えて設けられたのが通信スタイルという学び方なのです。通信スタイルでは3種類のコースから選ぶことができ、どのような資格・技術を取得したいかによって選びましょう。

SEASメディカルリンパアカデミーを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

・やさしく丁寧な指導

首や肩の凝りがひどくむくみやすい体質でリンパマッサージに興味がありました。手に職が欲しい気持ちもありリンパデトックス体験を受講しました。驚くほど身体が軽くなり全身のむくみもすっきりし効果を実感して技術を身につけたいと思いました。講師の方々はやさしく丁寧に分かりやすくご指導下さり感謝しています。
引用元:https://gooschool.jp/

→ご自分も首や肩の凝りがひどく、そこから興味を持つというケースは少なくないようですね。SEASメディカルリンパアカデミーでは、その丁寧な指導が非常に評価されているようです。ご自分の首・肩凝りも解消されてよかったですね。

・お仕事との両立もできる

先生も優しく、丁寧にしっかり教えて下さるので技術がしっかりと学べます。時間も自分が空いた時間に通えるので、お仕事と両立もできます♪何より先生の腕は確かです。顔の矯正とマッサージをしてもらいましたが顔が上にピンっと上がり♪4、5歳若返った!!本物だと思ったので、私はスクールに通うことにしました!!
引用元:https://gooschool.jp/

→お仕事をされている方は両立がとても大変かと思います。それを実現できるのも、本人の意思と、サポートする先生の指導ですよね。確かな腕を持つ先生の技術と、丁寧な指導がお仕事との両立を手助けしているのでしょう。